Azure Functions な開発をしていて、 VSTS で CI/CD なことできないかなーとか思ってて試したら意外に簡単にできたので、シェアします。

VSTS で Build タスクを作る

asp.net core (.net framework) なビルド定義を選択します。 VSTS や Github などにおいてある Azure Functions の含まれている .sln を選択します。

f:id:kuxumarin:20170830235847p:plain

Azure Functions へデプロイする

Azure Functions は Azure App Services に含まれているものなので、 デプロイするときは、 App Service deploy を選択すればおkです。

Azure subscription や App Service を良さげに選択してください。

重要なのは、 Package or Folder のところを以下の文字列にセットしてください。

$(build.artifactstagingdirectory)/**/*.zip

参考になった Web Site

blogs.msdn.microsoft.com